【太刀魚】堤防からルアーで爆釣した釣り方

太刀魚 Fishing

今回は堤防から太刀魚を釣る釣り方に厳選して記事を紹介していこうと思います。

 

ショアからの太刀魚を狙う人もたくさんいると思いますが「なかなか釣果が思うように出ない!!」って思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

先日、近くの港で太刀魚が爆釣したのでその時の釣り方とルアーの紹介をします。

 

太刀魚を狙う時期

皆さんは、太刀魚を狙うとき何月くらいから狙い始めますか?

実際調べてみると最盛期は8月~9月です。

杪夏から秋にかけて堤防で釣れるイメージを持たれている方が多いはず。

地域によっては少し時期がずれることもあるとは思いますがだいたいこの辺ではないかと思います。

 

しかし、私の居る九州地方では冬!!

12月~1月でした。

 

この発見にはびっくりしました。

爆釣したルアーの紹介

堤防からルアーで太刀魚を狙うときに1番頭によぎるルアー・釣り方は「ワインド」

思い浮かべる方が多いんじゃないでしょうか?

 

東海地方に住んでいた時、私も夕まづめに堤防からワインド釣法で狙っていたものです。

 

しかし、釣果はほぼ出ず・・・ショアジギングで青物を狙っていると釣れたりしたことがあります。

「YouTubeや、テレビ番組で釣っているやり方では釣れない!!」って思いがっかりしたのを覚えています。

 

しかし、今居る九州地方に来てその思いも変わりました。

 

まずワインド釣法で太刀魚を狙っている人はいなかったのにびっくりしました。

使っているのは「ジグ」「ワーム」でした。

 

1. ジグ

  30g前後のものを使用

2. ワーム

  20g~30gのジグヘッド(ワインド用)に
    パワーシャッド系のワームです。

 

次は動かし方を見てみましょう。

 

太刀魚を狙うときのアクション

1. ジグの使い方

     底まで落としてワンピッチジャークです。

     しかも、かなりゆっくり目に使います。




2. ワームの場合

     底まで落として2,3回リールを巻きストップ!を繰り返す方法。

     ストップ&ゴーって感じでしょうか。


こんな感じで動かすと太刀魚が爆釣しました。

 

太刀魚を狙ってる時間帯

太刀魚を狙う時間帯は普通

  • 夕まづめ~夜
  • 朝まづめ

が普通なんですが

私の居る地方は昼2時から夕まづめにかけてでした。

 

twitterで呟いた時に「お昼の時間に釣れるんですか?」って質問も届いたので

その時間帯に釣れることが不思議って思ったのでしょう。

 

私も昼間に釣れるとは思っていなかったので同じように思った次第です。

これは新しい発見でした。

 

太刀魚の釣れたサイズ

ルアーや時間帯によってまちまちでしたが、詳しく書いてみます。

 

ルアー

・ジグ➡指2本から4本

・ワーム➡指2本から4本

 

時間帯

・朝➡指2本から5本

・昼➡指2本から4本

・夜➡ベルトサイズから指2本半

 

番外編

夜のライトタックルで太刀魚を狙う

サイズに関係なく数釣りを楽しんだ方法も紹介していきます。

 

夜釣りでアジングやメバリングをする方法と同じライトタックルでの釣り方。

釣り方は簡単。

 

1g~3gのジグヘッドに2インチくらいのワームを付けてゆっくり巻いてくるだけ!!

 

この方法で夜は爆釣しました。

しかし、アタリは多いのに針掛かりしないことがあったのでここで一工夫。

 

アジング用のアシストフックを針ではなく、スナップにつける方法。

こうすることでアシストフックが自由になるので針掛かりがよくなります。

 

太刀魚は下から獲物に食いつく習性化あるのでこの方法でやったら一発でした。

 

ですが、1つ注意点!!

 

それは、アシストフックがナイロンやフロロといった細いラインを使用しているため切れやすいことです。

 

小まめにラインをみて結び変えるか、極小ジグのアシストフックにするか対策をとられると良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました