【ブログの書き方】初心者でも書けるブログ記事の構成方法

Blog

・ブログを始めたけど書き方ってどうするの?

・何を書いたらいいの?

・テンプレとかあったらいいな

 

 

このような疑問を解説していきます。

 

✔ この記事の信頼性

実は『ブログ界のレジェンド、マナブさんが作ったクローズドのコミュティチャット』
ブログのことを学ばせてもらった100%実践的な内容になっています。この内容をを実践した
ことで、誰でも簡単に魅力的な記事を書くことができるようになります。
なぜなら私も実際に実践してみてすぐに記事を読まれるようになったからです

この記事では、マナブさんのコミュニティで学んだ初心者の方でも読まれる記事を書く
ポイントとテンプレートを細かくご紹介
していきます。

最後まで読んでいただければ、今後ブログの書き方で悩んだり困ったりすることがなくなり、
多くの人に読まれる記事を書くことが出来る
でしょう。

読まれる記事を書く前に知っておくべきこと

読まれる記事を書く前に知っておくべきこと、知っておかなくてはならないことをお伝えします。

最初っから心折れそうなことを言いますが読まれる記事やブログで稼いで行けるようになるまでには「少なくても半年~1年間ブログを継続すること」が条件になります。

なぜならブログを始めたばかりの人がブログを継続している人たちに最初っから勝てるわけがないからです。

どの分野にもおいても同じことが言えると思うのですが、○○のプロと呼ばれる人たちがどれだけの努力をしてその座に就いたかは言うまでもないと思います。もしこの記事を読むことで最初っから読まれる記事を書けるようになると思っていた方は申し訳ないですがそんな魔法のツールみたいなものは存在しません。

ですが、何もわからない状態から記事を書くことが難しいと思っている方にはとても参考になると思います。

初心者が読まれる記事を書くための3つの手順

 

実は、初心者が読まれる記事を書くためには3つの手順を押さえて書くことが重要になります。

  1. キーワードを探す
  2.  読者さんの悩みを考える
  3. 記事の構成を理解する

 

あのマナブさんも、コミュニティのメンバーも

  • キーワードを探す
  • 読者さんの悩みを考える(ペルソナ設定)

といったステップを踏んでから記事構成をしています。

 

このステップを先にじっくり考えてから記事構成に入りますので初心者の方は難しいかもしれませんが時間をかけて考えていきましょう

※マナブさんは多いときにここに6割7割の時間をかけているくらい重要とおっしゃっています。

この時に、記事の下書きを書いていきます。

初心者が読まれる記事を書くための構成

では、お待ちかね皆さんが気になる『ブログ初心者が読まれる記事を書くためのテンプレ』を紹介していきます。

✔ 読まれるための記事構成

1. 主張:あなたがこの記事で主張したいこと

2. 理由:なぜ、あなたがそう伝えたいのか

3. 具体例:その主張が正しいことを示す

 

✔ 文章構成

1. 書き出し 

2. 本文

3. まとめ

簡単に見えますがこれが読まれるためのブログ記事を書くための基本構成になります。

細かく見ていきましょう。

書き出しの書き方

ここはではブログの最初の文、書き出しの場所になります。

読まれているブログや人気の記事には読者さんを引き込むための文章力があります。始めになぜこのような文章を構成しないといけないかというと、ブログを読む人は『自分の悩みを解決できないと判断したら、すぐに読むのをやめてしまう』からです。

最初にこの記事を読むメリットを伝え、ブログの印象、それから本文へ引き込む必要があるのでとても重要な場所になります。

 

① 書き出しの部分では次の5点を考えて構成していきましょう

  • 読者の悩みを明確にする
  • 解決できることを伝える
  • 悩みを解決できる根拠を示す
  • どんな記事かをまとめて伝える
  • 読み終えた時にユーザーが得られることを伝える

 

② 書き出しのテンプレ

  • ~?(相手に投げかける形の疑問形)
  • 実は~
  • なぜなら~
  • この記事では~
  • 記事を読み終えると~

 

上記の①、②を重ねてみてみると書き出しの文章構成が簡単に分かると思います。すぐ実践に役立ちますので試してみてください。

ちなみに、最初に戻って私の書き出しの部分を見てみるのもアリです(笑)

 

※これが書き出しの大切な部分であり、離脱率が発生する理由にもなります。

ブログ初心者の方が記事を読まれない理由も納得いただけたかと思います。

やはりマナブさんが言うように記事を書く前にじっくりと記事の構成を考える必要がありそうですね。

本文の書き方

次に、記事の本文の部分についてみていきましょう。

本文を書くにあたり記事で伝えたいことを明確に伝える必要があります。

なぜなら書き出しで読者さんが疑問に思っていることを明確に伝え、それについての理由を知りたいから本文まで答えを探しに来ます。ここの本文で内容が無いものであればそれもまた離脱率に繋がりまとめまで読んでもらえません。

ではまとめまでなぜ読んでもらう必要があるのかと言うと、あなたのお願いを聞いてもれらえる場所だからです。まとめでは簡単にこの記事のおさらいをして読者さんに次どんな記事が必要なのかを促し、次の記事を読んでもらえるように内部リンクを貼るということをします。アフィリエイトリンクなどを貼る場所でもあるのでここまで読んでもらわないとブログを書く側にとっても困りますよね。

なので、まとめまでの誘導する文章はとても大切だと言えます。

 

① 記事の構成

  • 主張:あなたがこの記事で主張したいこと
  • 理由:なぜ、あなたがそう伝えたいのか
  • 具体例:その主張が正しいことを示す

 

② 文章の書き方手順

  1. 結論
  2. 理由
  3. 根拠
  4. 具体例

 

①の記事構成に従って、②の手順で文章を書いていきます。初めのうちは少し難しいかもしれませんが慣れてくるとスラスラと書けるようになるので最初の「キーワードを選ぶ」「読者さんの悩みを考える」部分でしっかりペルソナ設定の下書きをしてから本文に落とし込んでいきましょう。

 

 

この記事でマナブさんはペルソナ設定における本質をこのように書いていました。

 

ペルソナは常に1人で良くて、大切なことは「相手のイメージが鮮明であること」です。

ブログを書く際に、相手の年齢を思い浮かべたり、職業をイメージしたりしても、、、ぶっちゃけ本質じゃないです。

考えるべきは1つだけでして、「相手の顔が見えているか」ですね。

引用元:manablog(マナブログ)

 

※本文も内容が薄くては離脱してしまうし、【主張】、【理由】、【具体例】そしてその内容を書く手順の重要性もわかっていただけたのではないでしょうか?

まとめの書き方

最後にまとめの部分になります。

ここではあなたのお願いを聞いてもらえる場所になります。つまり、あなたが読者さんに求める行動をとってもらえる部分ということです。

具体的には、『次の記事を読んでください』や『紹介するサービスなどを利用してください』といった具合です。

 

① まとめ

  • 本文の内容をまとめる
  • 読者の悩みが解決できることを再度伝える
  • CTAを設置する

※まとめの文章を長く書くと、その後のCTAの申込率(コンバージョン率)が下がってしまうという統計も出ています。


実際に、『バズ部』というサイトが発表しているデータを見てみると、まとめの文章は15~20行で書くとクリック率が最も高いと言われています。

まとめ

 

・初心者が読まれる記事を書くための3つの手順

  1. キーワードを探す
  2.  読者さんの悩みを考える
  3. 記事の構成を理解する

・初心者が読まれる記事を書くための構成

✔ 読まれるためのブログ記事構成

  1. 主張:あなたがこの記事で主張したいこと
  2. 理由:なぜ、あなたがそう伝えたいのか
  3. 具体例:その主張が正しいことを示す

✔ 文章構成の基本

  1. 書き出し
  2. 本文
  3. まとめ

このように解説させてもらいました。

最初は慣れないことかもしれませんが、何度もこの記事を読み返して自分のブログに取り入れてみてください。

✔ 合わせて知っておきたい記事

下記の記事も参考に読んでみてください。

【プラグインって?】絶対入れておきたい おすすめプラグイン11選

【ブログ】Googleアドセンス審査の申し込み方法 Word Press

 

✔ https://bazubu.com/contet-seo-18508.html

参考記事:バズ部

 

✔ https://manablog.org/seo/

参考記事:manablog(マナブログ)

コメント

  1. […] 【ブログの書き方】初心者でも書けるブログ記事の構成方法 […]

  2. […] 【ブログの書き方】初心者でも書けるブログ記事の構成方法 […]

  3. […] ・【ブログの書き方】初心者でも書けるブログ記事の構成方法 […]

  4. […] ✔ 【ブログの書き方】初心者でも書けるブログ記事の構成方法 […]

タイトルとURLをコピーしました